関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに

1月 052012
 




hosiilist.add(“自由な時間”);



と記述しておけば、自動的に若い番号から埋めていってくれる。


ほかにも

アレーリストの2番目に入れる値を指定するときには、


hosiilist.add(1,”自由な時間”);



などと言う風に1番目に挿入することも可能。


(カウントの仕方は0,1,2,3,4・・・と0スタートであることに注意する)。




または

アレーリストの3番目の要素を変更したいときには

上書きする形で


hosiilist.add(2,”何もいらない”);




などと記述すれば上書きされて変更される。



ほかにも

0番目の要素を削除したい場合には



hosiilist.remove(0);




とすれば0番目(つまり一番最初の値)を削除して

以降の番号の値は、一個ずつ前へと繰り上がることになる。


リストの件数を(総件数)を取得するには


hosiilist.size();



を使う。


0番目の要素を取り出すには



hosiilist.get(0);




を使用する。






Sorry, the comment form is closed at this time.

関連記事はこちら

関連記事はこちら

■関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに






じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス