関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに

1月 132012
 





依頼元.jsp


<jsp:forward page=”love.jsp”>
  <jsp:param name=”word” value=”愛してる~!!!!”/>
</jsp:forward>

 

forwardの依頼先では

request.getParameterでwordの中身を取り出します。

依頼先.jsp

<HTML> <BODY> ラブレターの中身は、

「 <%= request.getParameter(“word”) %> 」

です。

</BODY> </HTML>


 

includeで条件分岐を作れば

複数の飛ばし先を自由に選ぶことが可能。

メリットはコードの使いまわしと

その後の修正作業があったときに

修正箇所を少なくすることができますね!

 

 

 

 

依頼元.jsp

<HTML>
<BODY>

<%@ page contentType=”text/html; charset=Windows-31J” %>

<%! int value = 95; %>

<%
  if (value >= 90) {
%>
  <jsp:include page=”gokaku.txt” />
<%
} else {
%>
  <jsp:include page=”sippai.txt” />
<%
}
%>

</BODY>
</HTML>

 

 

gokaku.txt(依頼先候補A)
90点以上なので合格です!
 

 

 

sippai.txt(依頼先候補B)
90点未満なので不合格です。
 

 

 

パラメーターを渡してincludeで依頼することも可能です。

<jsp:include page=”依頼先.jsp” flush=”true|false(選択可)”>

<jsp:param name=”word” value=”今日は最高だ!”/>

</jsp:include>


——————————
セッションの場合
——————————

<%
String word2 = null;
  if (value >= 85) {
      session.setAttribute(“word2″,”なかなかすばらしい秀才!”);
%>


 

 

 

依頼先.jspでは

<%= request.getParameter(“word”) %>

として取り出す。

 

セッションの場合には

<%= session.getAttribute(“word2″) %>

などとしてセッションの場合は取り出す。


Sorry, the comment form is closed at this time.

■関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに






じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス