関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに

4月 132011
 



[note]
>データベースの接続は色々見てたら空のmdfを作って、それを指定するのを>試したら×が消えてなんとか今は通過したみたいです。動くかはわからない>けど。


[/note]


[note]
参考
mdf

ローカル データの概要
Visual Studio 2010 その他のバージョン
ローカル データという用語は、リモート サーバー上のデータベースに接続するのではなく、ローカル コンピューター上のデータベース ファイルにアプリケーションから接続することを意味します。 現在サポートされているローカル データベース ファイルは、SQL Server Compact 3.5 データベース ファイル (.sdf)、SQL Server および SQL Server Express データベース ファイル (.mdf)、Microsoft Access データベース ファイル (.mdb) です。

[/note]

つまりローカルってのは自分のパソコン内で完結する感じで
データベースサーバーを作って、アプリケーションのプログラム作ってって
感じで全部自分のパソコンの中でやってる感じやね。

その中で今回はmdfってことか、
エクスプレス版を使ってるんやね、こないだ解説した通り進行中って感じか。
よしよしw。

>データベースの接続は色々見てたら空のmdfを作って、それを指定するのを>試したら×が消えてなんとか今は通過したみたいです。動くかはわからない>けど

エラー内容はなんのエラー?
具体的にはエラーは何やろ?大概そのエラー名で検索かけたらなんかひっかるんちゃうかな?と思いました。あ、それをいろいろ見たって書いてあるのか。
何でもいいからa,b,cとかコンマ区切りでデータを作るのかな?mdfって??


[note]

今回空白よりはたぶん何かテストデータでいいので値をいれて身迷うかなと思ったので、

mdf microsoft サンプルで検索

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms233817.aspx


これだけのファイルがありました、どれか使って見ては?
それぞれ置き場所が決まってるみたいです、置き場所はしたの方に書いてあるフォルダに保存して行けばいいと思います。

Model.mdf

Modellog.ldf

msdb

Msdbdata.mdf

Msdblog.ldf

tempdb

Tempdb.mdf

Templog.ldf

mssqlsystemresource

Mssqlsystemresource.mdf

Mssqlsystemresource.ldf


システム データベースは、master、model、msdb、mssqlsystemresource、および tempdb です。

注意
データベース ファイルとログ ファイルの既定の場所は Program FilesMicrosoft SQL ServerMSQL10.MSSQL です。SQL Server のインストール時に既定のディレクトリが変更された場合、この場所は変更されます。

サンプル データベース
この SQL Server リリースでは、サンプル データベースは既定でインストールされません。サンプル データベースとサンプル コードのインストールの詳細については、CodePlex Web サイトを参照してください。

サンプルの詳細については、SQL Server 2008 をインストールした後で確認できます。[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[Microsoft SQL Server 2008 R2]、[マニュアルとチュートリアル] の順にポイントして、[Microsoft SQL Server サンプルの概要] をクリックします。

関連項目
タスク

[/note]
[note]

SQL Server のサンプルとサンプル データベースのインストールに関する注意点
SQL Server 2008 R2 その他のバージョン
現在、SQL Server のコード サンプルおよびサンプル データベースは製品に付属していません。コード サンプルおよびサンプル データベースは、Microsoft SQL Server のサンプルとコミュニティのプロジェクトの Web サイト (http://www.codeplex.com/sqlserversamples) からダウンロードできます。テクノロジごとに整理された表には、SQL Server コンポーネントのサンプルや SQL Server の公式サンプル データベースへのハイパーリンクがあります。また、これらの表には、SQL Server コミュニティで利用可能なサンプルおよびプロジェクトへのリンクが用意されています。

サンプルとサンプル データベースのインストール
製品サンプルをすべてインストールするには、Microsoft SQL Server のサンプルとコミュニティのプロジェクト ホーム ページの [Releases] タブをクリックします。各プロジェクトの既定のリリースは最新のリリースです。これは、Community Technology Preview リリースの場合があります。以前のリリースを選択する場合は、[Release] ペインでリリース名を選択します。

CodePlex には、SQL Server の各種の技術領域 (Analysis Services、データベース エンジン、データ プログラミングなど) に対応した製品サンプルのプロジェクトが用意されています。Microsoft SQL Server のサンプルとコミュニティのプロジェクトのホーム ページ (http://www.codeplex.com/sqlserversamples) の技術領域テーブルで、目的の技術領域に対応するリンクをクリックしてください。特定のプロジェクトの [Releases] タブをクリックし、Windows インストーラー パッケージをクリックすると、該当する技術領域の一連のサンプルをダウンロードできます。この技術領域のサンプルのコードを参照するには、[Source Code] タブをクリックし、[Browse] 列のフォルダー アイコンをクリックします。

注意
サンプルをインストールするように選択した場合、既定では、サンプル ファイルが C:Program FilesMicrosoft SQL Server100Samples にインストールされます。
注意
SQL Server 2008 のサンプルが現在インストールされている場合、それらのサンプルをアンインストールしてから SQL Server 2008 R2 のサンプルをインストールする必要があります。これを行わないと、SQL Server 2008 R2 のサンプルは正しくインストールされません。
SQL Server の公式サンプル データベースをインストールするには、http://www.CodePlex.com/MSFTDBProdSamples にアクセスするか、Microsoft SQL Server のサンプルとコミュニティのプロジェクトのホーム ページにあるサンプル データベース セクションで、[Download] リンクをクリックし、目的のデータベースを選択します。

[/note]

参考にMicrosoftホームページ





Sorry, the comment form is closed at this time.

関連記事はこちら

関連記事はこちら

■関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに






じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス