関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに

4月 202011
 

[note]

派遣会社

保険は?
交通費は?
孤立、孤独にならない?

[/note]


派遣会社によると思います。
一般的に派遣は交通費は自己負担です。
条件によりますが、月数万円程度は余計にかかってくるとおもいます。

保険は労働基準法で定められている期間の雇用が発生する場合は、
雇用者は保険に加入させる義務があります。

通常2カ月以上の雇用が見込まれる場合は、
3カ月目から雇用保険や会社の健康保険に加入させる義務があるかと思いますが、中には初月から保険に加入させるところもありますので
くわしくは派遣会社に確認してみましょう。


孤立、孤独については
よくわからないです。
個人差があると思いますが、
大抵派遣社員の割合が多い職場では
それほど心配する必要がないと思います。

いままで正社員の派遣を経験している人ならば
その雰囲気とさほどかわりません。

自社から派遣される人と、派遣社員は基本的には
就業先の職場の人間にとって違いはない場合が多いです。

飲み会や友達関係は自分が関わりたければ関わればいいし、
いやなら参加しないことも選択できるでしょう。

[note]
はけん健保
健康保険組合 [編集]
労働者派遣を行う事業者の業界団体である「社団法人日本人材派遣協会」は、2002年に人材派遣健康保険組合(通称「はけん健保」)を設立した。従来、派遣労働者は、派遣元である労働者派遣事業者との契約が月単位となっていることを利用し、継続雇用されていないことを理由に健康保険制度や厚生年金保険制度に加入しないことが多かった(これら制度に加入するためには、3ヶ月以上の継続雇用が必要であるが、3ヶ月以上継続雇用されれば必ず加入させなければならない)。
この取扱いは、派遣労働者にとっては保険料を負担しないことによる手取り収入の増加、派遣元である派遣事業者にとっては保険料負担軽減および社会保険関係事務の軽減、派遣先企業にとっては派遣単価の圧縮、というメリットが存在したため、雇用関係が実質3ヶ月を超えても、健康保険制度へ加入させない脱法状態が長く続いていた。特に労働者派遣事業を専業にしている者には、意図的に社会保険制度未加入を行うものも存在した。
[/note]


[note]
労働者派遣事業
労働者派遣事業(ろうどうしゃはけんじぎょう)とは、雇用事業の一つ。事業主(以下派遣元という)が、自分が雇用する労働者を自分のために労働させるのではなく、他の事業主(以下派遣先という)に派遣して、派遣先の指揮命令を受けて派遣先のために労働させる事業である[1]。
この派遣元によって雇用される労働者のことを一般に派遣社員(はけんしゃいん)といい、雇用関係は派遣元と派遣社員の間に存在するが、指揮命令関係は派遣先と派遣社員の間に存在するのが特徴である。労働者保護の観点から、派遣できる業種、派遣期間の上限、派遣を業として行うための許認可制度など様々な規定が労働者派遣法により定められている。俗に人材派遣、もしくは単に派遣と呼ばれる事が多い。

[/note]


参考 ウィキペディア

Sorry, the comment form is closed at this time.

関連記事はこちら

    None Found

関連記事はこちら

    None Found
■関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに






じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス