関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに

5月 112011
 



[note]
Javaコンパイラ
JavaコンパイラとはJava言語のソースコードをクラスファイルに翻訳(コンパイル)するコンピュータプログラムのことである。
主要なコンパイラ [編集]

2007年時点で、以下のような主要なJavaコンパイラがある:
Javac
オラクルから出ているJava Development Kitに含まれている。

Jikes
C++で書かれたIBMから出ているオープンソースコンパイラであり、最適化のため静的単一代入形式の変形を使用している。
GCJ
GNUコンパイラコレクション (GCC) の一部である。GCCは C、Fortran、Pascal他、Java以外の言語も含む。 GCCのバックエンドを用いてネイティブコードを生成できる。
ECJ
the Eclipse Compiler for Java, Eclipse JDTに使用されているオープンソースインクリメンタルコンパイラ。
最適化 [編集]

Java仮想マシン (Java VM)はクラスファイルをロードし、バイトコードをインタプリタで実行するか、または、JITコンパイラがそれをCPUネイティブの機械語にコンパイルして実行する。Jikesだけを除きほとんどのJavaコンパイラは、バイトコードにコンパイルする段階で最適化をすると、Java VMでHotSpotなどが最適化するさいに混乱してしまい、かえって遅くなるという理由により、Java VMによってプログラムが実行されるまでほとんど最適化をしない。そのため、たとえ、異なるコンパイラを使おうと、だいたい同じクラスファイルを生成する。
[/note]

 

[note]

-source release
アサーションを含むソースコードのコンパイルを有効にします。release に 1.4 を指定すると、アサーションを含むコードをコンパイルできます。 アサーションは、J2SE 1.4 で導入されました。 

release に 1.3 を指定すると、コンパイラはアサーションをサポートしません。 -source フラグを指定しないと、コンパイラはデフォルトとして 1.3 の動作をします。

[/note]

 

[note]

アサーション
表明

表明(ひょうめい、Assertion)とは、プログラミング言語の構文の一種であり、そのプログラムの前提条件を示すのに使われる。アサーションとも呼ばれる。表明は、プログラムのその箇所で必ず真であるべき式の形式をとる。多くの言語ではそのような前提条件のチェックに表明を使用するが、設計上の判断を文書化するのに使う場合もある。表明が偽となった場合、プログラムにバグが潜在していることを示している。これを「表明違反; assertion failure」と呼ぶ。

プログラマは、開発過程でソースコードに表明を追加する。デバッグを単純化し、問題を早期に検出するためである。表明違反はバグを示していることが多いため、表明の実装では問題の元を示すために追加情報を表示するようになっていることが多い(ソースコードのファイル名と行番号、スタックトレースなど)。ほとんどの実装では、そのプログラムの実行が即座に停止する。

 

[/note]

 

参考 ウィキペディア

sunjavahomepage


Sorry, the comment form is closed at this time.

関連記事はこちら

関連記事はこちら

■関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに






じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス