関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに

5月 252011
 

is-a
tama is a cat.
タマは猫の一種です。一匹の、猫と言う種類の一個体です。一匹の猫です。って感じ。

has-a
Tama has a tail.
タマは一本のシッポをもってます。タマは、猫と言うものがもっていつ特徴の一つであるシッポを持っています。って感じです。



俺のイメージでは文の長さとかより、
is-aのほうは長くなりようがないと思っています。
一対一の定義方法だからかも。

一方、

has-aのほうは長くしようと思えばいくらでも
長くできるってイメージかなあ。
基本的に一対一なんだけど、
そのイチが持っている特徴のどれかを明示的に列挙すると言う意味では一対一と言うよりは一対多と言えるのかもです。

例えば猫の持っている機能,と言うか特性、特徴は、シッポ以外にも
速い
ツメ
静か
夜鳴き
夜行性、、、とかそう言う機能があると思う。


その中で、タマってものを仮にロボットみたいに、”引き継がせる機能”を人工的に選択できるとしたら、”シッポ”以外にもいろいろhas-aで書き加え列挙するんちゃうかな、だから長くなるケースもあるよと。

参考

http://objectthinking.seesaa.net/article/49343588.html

Sorry, the comment form is closed at this time.

関連記事はこちら

関連記事はこちら

■関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに






じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス