関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに

11月 202014
 

wptouchpro3とw3totalcache(またはsupercache)でスマホPC両方のキャッシュを作ることは実現できました。
しかし今後運用上気になる点もあったので、一気に乗り換えるのではなくて様子見しているところです。

wptouchpro3を買ってみて。

・これまではwptouchproはひとつの問題点があったのですが、それが今回アップグレード版では解決されています。
・すこしこれまでの状況を説明すると、たしかにキャッシュを使わないのであれば、w3cacheとwptouchを共存させれば表示上OKだったのですが、スピード的に催促とはいえない状態だったかもしれません。そこでスマホサイトもキャッシュを生成したいと感じる人もいたはずです。
・ところが、以前はwptouchproにはキャッシュする機能がなく、スマホサイトは実質キャッシュせず、PCサイトだけw3totalcacheだけでキャッシュを生成するという運用をしていました。
・このスマホとPCの2つのキャッシュを保持できないという問題が残っていました。
・ところがいつのまにか性能アップしてキャッシュ対応したwptouchpro3へアップグレード価格で乗り換えてみるとこの問題は解決しました。
・しかしまた自分にとっては新たな問題が生まれました(後述)
・結論から言うと自分の目的であるできれば現状のそこそこ機能が高めのサーバーを生かして、そのまま使い続けるという目的にはwptouchpro3は若干カスタマイズ性的に発展途上で、吐き出されるキャッシュの物量が多めなので大規模なサイトを運用している人に対しては若干不安な点も残るかもしれません(訪問者が中程度のサイトであれば目的によってはこれで全然問題ないという方もいるとは思います。また自分の技術力的にそのボトルネックになっている部分がどこなのか特定し、自己解決できなかった可能性もありますが自分にはこの組み合わせでのサイト最適化は出来ませんでした。)。
・おそらく、問題の原因と思われ、一つ気になった点が、もうすこしキャッシュの詳細設定項目がない(w3totalcacheのように)と,これだけでスマホにも対応した大規模サイトをつくりにはしんどいかもと感じるようになりました。(wptouchpro3にはinfinitycacheという機能が付加されているのですが現時点では無制限にキャッシュを作るようなのでディスク容量?が増えやすい大規模なサイトを目指す場合このinfinitycacheは自分の目的にはあわない気がして、不安な点もありました。それでも仕様では5倍程度のスピードがでると書いてあるのでキャッシュ量を気にしないケースではとてもおすすめです。使い方、目的によるのかもしれません。自分は以前DBキャッシュRELOADEDでキャッシュが出来すぎてしまい、サーバーのリソースをいっぱいまで使ってしまった経験があるのでDB以外のキャッシュに対しても、キャッシュ量が多すぎるのもすこし不安に感じました。ただ今後改善(おそらく開発規模が大きい開発グループによって開発されているのですぐ対応されるでしょう)されていくと思いますので、またwptouchpro3やそれ以降のバージョンを使うことはあると思います)
・wptouchpro3を使う方法とレスポンシブルデザインで一気にスマホサイトもPCサイトも同じリソースから表にさせるという2つの方法があり、自分はレスポン渋るデザイン対応のテンプレートを今回は選択することにしました。


WPtouchpro3でも満足できない大規模サイトを目指す方のその他の案
・レスポンシブルデザインにして1ソースでひとつのデザインでそれをキャッシュ専門の実績があるキャッシュプラグインでキャッシュさせたほうが結果的にブログ全体のすぴどは上がるのではないか。
・ただフリーのWPテンプレートはそれ自体が未完成のケースも多く、とくに何かが起こっても知りませんよとテンプレート作者自らが言っている場合がありました。
・責任を取ってもらうとかよりもそれは運用保守上結構不安なので、有料版で更新頻度が高く安全に使えるものを使うほうがベターかもしれません(自分は有料版にすることにしました)
・サーバーを高性能なものに変える。これもレスポンシブルデザインに変えて、サイト表示上問題点?を解決した後、その上でサーバースペックもよいサーバーへ更改し規模やスペックあげたほう相乗効果はでかくなるはずです。

Sorry, the comment form is closed at this time.

関連記事はこちら

関連記事はこちら

■関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに






じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス