関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに

6月 152011
 



ポリモーフィズムとは、

・同じメッセージを送信したときに、異なるオブジェクトが異なる振る舞いをすること。
・多態性、多相性ともよぶ。

たとえばONOFFのスイッチは共通の部品だとしても

そのごの動きはパソコンによって全然変わってくる。


こんなかんじ。。



[note]
多態性(ポリモーフィズム)

実装クラスではインタフェースで宣言されているメソッドを全て実装する必要がある。

実装していないメソッドが存在すれば、そのクラスは抽象クラスとして abstract 宣言しなければならない。

インタフェースは、複数のクラスに実装されることを想定している。

このとき、インタフェース型の変数には、実装クラス型オブジェクトの参照を代入できる。

同じインタフェース型の変数に対して、同じメソッドを呼び出しても、実行される実装は、そのオブジェクトがインスタンス化されたオリジナルのクラスでの実装によって、異なる。

このような性質は、サブクラスとスーパークラスの場合にも成り立つが、インタフェースの場合は、多重実装が許されるので、この特徴が顕著だといえる。

インタフェースは、データ型として、クラスの仕様を定義するものであり、多態性のための言語仕様だといえる。


参考 秦野エイト会
[/note]


インターフェース型変数


http://www.javaroad.jp/java_interface3.htm


http://wisdom.sakura.ne.jp/programming/java/java29.html


http://msugai.fc2web.com/java/interfaceInstance.html






Sorry, the comment form is closed at this time.

関連記事はこちら

関連記事はこちら

■関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに






じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス