関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに

6月 172011
 




interface Saisei {}

class Dvd implements Saisei {}

class Playstation extends Dvd {}


このときに有効なものは下記三個。


インターフェースを実装したクラスは、インターフェース変数に実装クラス型オブジェクトを代入できる。

つまりここでいっているようないわば入れ子の関係の場合は、

playstation < dvd < saisei

という順番で入れ子になっている感じ。


[note]
通常インスタンスを作るときは、

クラスのインスタンス化(new)

あるクラスのインスタンスを作成するには、new を用います。例えば、Sampleclass という名前のクラスのインスタンスを作るには次のようにします。

SampleClass p = new SampleClass();

[/note]


くりかえしますが、

インターフェースを実装したクラスは、インターフェース変数に実装クラス型オブジェクトを代入できる。


ですので、

今回のは、

saisei s = new saisei();  //直訳すると saisei()という新しい実装クラス型オブジェクトをインターフェースsaiseiのsに代入(sと定義して新規に作成して)して下さい

とやらずに

saisai s = new dvd();    //直訳すると dvd()という新しい実装クラス型のオブジェクトをsaiseiクラスのsに代入(sと定義して新規に作成して)して下さい


あるいは

seisei s = new playstation(); //直訳すると playstation()という新しいオブジェクトをsaiseiクラスのsに代入(sと定義して新規に作成して)して下さい


あるいはこの順番で行くと
dvdもplaystationの入れ子になってる感じなんで、


dvd d = playstation();  //直訳すると playstation()という新しいオブジェクトをdvdクラスのdに代入(dと定義して新規に作成して)して下さい

ということが言えるということかなと思います。


つまりここでいっているようないわば入れ子の関係の場合は、

playstation < dvd < saisei

という順番で入れ子になっている感じでは、


下からさかのぼるような感じで代入していけると言うことでした。




インターフェース変数とは、、というかインターフェースとは、、、

http://msugai.fc2web.com/java/interface.html

Saisei a = new Dvd();

Dvd d = new Playstation();

Saisei e = new Playstation();


Sorry, the comment form is closed at this time.

関連記事はこちら

関連記事はこちら

■関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに






じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス