関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに

6月 292011
 



・スタンドアローン JAVA SE

ネットワークに繋がず(つないでもいいけど、機能的にはサーバーとかにはアクセスさせずに、)コンピューター内だけで使うようなソフトの開発をする環境。


・サーバサイド JAVA EE

エンタープライズエディションということからわかるように、
企業向けのわりあい大規模な、すくなくともサーバーを使うようなアプリケーションを開発するための環境。



・Javaアプレット クライアント

いまは廃れている。
クライアントパソコンのWebブラウザ上でちょこちょこ動くような感じの。
Webブラウザ上で動いている。
JAVAアプレットより、最近面白いのは、AJAXとか、Flash、SILVERRIGHTとか。だそうです。


・SILVERRIGHT
Microsoft Silverlight は、Web 上で動画やアニメーションを用いたリッチなメディア体験や、豊かな表現力を持ち、機能性や操作性に優れた Web アプリケーションを迅速に開発、配信するための、最も包括的で強力なアプリケーション開発フレームワークです。
これまで、ミッション クリティカルなアプリケーションを含む Windows アプリケーションの開発基盤として、世界中の企業や開発者に活用されてきた実績を持つ .NET テクノロジが基盤となっているため、信頼性や拡張性、保守性を維持しながら、プラットフォームやブラウザーに依存しない、リッチな Web アプリケーションの構築を可能にします
参考’Microsoftホームページ



・組み込み JAVAME

携帯電話の中身とかの開発に使われる開発環境。
あと電化製品とか。



・JAVAバイトコード、クラスファイル

いわゆるデータと言うか、プログラミングのデータです。
これをプログラミングして行って、最終的にWebアプリケーションとかの
製品を作って行く感じです。


・JAVA開発ツール

総合開発環境ECLIPSEとかNETBEANSを使うと便利。
GUIならNETBEANSを使うとかんたん、かも。
総合開発環境というのはコンパイルを自動でしてくれて、
実行するとデバッグもしやすくエラー表示してくれる機能を持っている。



・パッケージ

ジャバのプログラムを管理する単位、フォルダみたいなもの。
一番上位のフォルダがプロジェクト
その下がパッケージ、
パッケージの中に、クラスファイル(プログラム)を保存して行く。



・パッケージ宣言

どのパッケージをつかうか(どのパッケージにクラスファイルを保存するか)宣言


・インポート宣言

どのクラスを読み込んで、そのなかのメソッドを使えるようにするかを宣言。
読み込むクラスは自分で独自に定義したクラスでも良いし、
あるいはもともとJAVAに用意されているクラスのメソッドをインポートして使えるようにしてもいい。


・クラスとは

JAVAでプログラムを構成する最小の単位のこと


・ブロック

{}で囲まれた範囲をブロックといいます。


・修飾子

public private などアクセスできる相手を決めるために、アクセス修飾子をつけます。


・フィールド、メソッド

クラスの本体の部分
機能となる部分
フィールドには値を定義して、
メソッドには実行する機能の内容を記述して行きます。


・メインメソッド

public static void main ,,,,のブロックをメインメソッドと言う。
プログラムを実行したら、書いてある順番に関わらず、
まず最初にこのメインメソッドの部分を読みにいきます。



・スコープ
変数が使用できる範囲
変数を参照できる範囲のこと。


・データ型

論理型
booleanブーリアン型
true,falseどちらかを返す。
1ビット


文字型
charチャー
16ビット
Unicode規格の文字


整数型
byte
8ビット

short
16ビット

int
32ビット

long
64ビット



浮動小数点型
float
32ビット

double
64ビット



・エスケープシーケンス

キーボードから入力できない文字、たとえば改行とかを文字で表したもの。
改行は、 ¥nとかで表す
¥b バックスペース、一文字戻る
¥t タブ
¥n 改行
¥f form feed
¥r 行頭へ復帰
¥¥ バックスラッシュ
¥uXXXX Unicode文字



・リテラル

つまりデータなのか変数なのかはっきり区別させている。
リテラルはデータ、単なるデータなので変数ではないとはっきりさせる。


コンピュータプログラミングにおいてリテラルは、ソースコード内に値を直接表記したものをいう。数値、文字列、関数などさまざまな型のものが存在し、それぞれの表記方法も言語によって異なる。
リテラルを記述できることは、第一級オブジェクトを構成するための要件として見なされる場合もある。
テキストエディタには、リテラルとその他のコードを区別しやすいように、シンタックスハイライトを実装したものもある。
例 [編集]
下のコードで、7や”hello”がリテラルである。
int x = 7;
string s = “hello”;

参考:Wikipedia



・文字列リテラル
一文字ならシングルクオートで囲むが
2文字以上のつまり文字列だとダブルクオートで囲んでリテラルである事をわかるようにする決まりになっている。



・論理型
ビットが立つか、立たないか、0か1かを判定する。


・ジャバの決まり
先頭は数字を使用しない。できない。
命名に記号ほぼ使えない。
大文字小文字は区別される。
予約語は使用しない。






















Sorry, the comment form is closed at this time.

関連記事はこちら

関連記事はこちら

■関連記事 ⇒ さくらのマネージドサーバに変更することに






じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス