Excel VBA 初心者入門講座

そのままずばりのタイトルのサイトがあった。

機能的なことはここで学べると思う。

あとは自分に必要な機能を自分で仕様決めしていくだけかなと思う。

追記
さわりだけがさらっと書いてあるようだった。
現時点ではあまり更新されていないようなので
様子見って感じかなあ。

http://exvba.officehp.com/’>Excel VBA 初心者入門講座.

IEを起動する – VBAによるIE自動制御入門

自分が登録したHPを自動巡回するのに使えるかもしれない。

あんまり使う人は少ないだろうがVBAではそういうこともできる。

単純に訪問の足跡を残すだけではなくて。

自分が気になっているデータ収集や

それを元にグラフ化したり、データの加工などに使えるかも。

http://vbaie.blog111.fc2.com/blog-entry-1.html’>IEを起動する – VBAによるIE自動制御入門.

Excel(エクセル)VBA入門:フィルタオプション(AdvancedFilter)でのデータ抽出

取り出してきたデータから

必要なデータだけを再整理して

抽出するやり方はこんな感じでできるようだった。

フィルターをかけて、データを振るいにかける感じですね。

http://www.eurus.dti.ne.jp/yoneyama/Excel/vba/vba_advancedfilter.html’>Excel(エクセル)VBA入門:フィルタオプション(AdvancedFilter)でのデータ抽出.

【ファイル名】フぉルダ内にあるファイル一覧を取得する|VBAを使いこなそう!!

自分のパソコンの中にある

フォルダの中身を一覧で取得するには

こういうのが使えると思った。

パソコンのセキュリティチェックするときとかにも使えるかなと思う。

http://ameblo.jp/vbamaster/entry-11252012760.html’>【ファイル名】ファオルダ内にあるファイル一覧を取得する|VBAを使いこなそう!!.

VBA交通費管理表講座

VBAで交通費を管理する表を

作って行きます。

 

 

とりあえず

交通費はあとから整理すると

ごちゃごちゃしてややこしいんで

 

交通費が発生するたびに

ぱっと書き込んでおく1次的なシートと

それを目的地別に

集計する別テーブルを作成することにした。

一回使った行き先やよく使うような行き先は

ドロップダウンメニューへ

登録できるように工夫してもいいかなと思った。

(これは入力フォームとして独立させるといいかなと思ったが、それはとりあえず後日検討する)

 

同じのは良く使うので。

 

最初は

ざっと仕様を決めて

あとから便利そうな小技を見つけたら

追加で機能をプラスして行きたいと思う。

交通費管理表入力画面の仕様。

シートへ日付順に入力するようにする。

シートに直接記入していってももちろんかまわないが

 

交通費入力シートCへの入力も、

なにかポップアップの入力フォームなどを通じて

わかりやすく入力できる仕組みを余裕があればを作りたいと思っている。

 

入力された内容を受けて呼び出すテーブル側の仕様

 

検索キーは

・出発地

・目的地

の2つでデータを取り出して

てまとめれるようにする。

 

目的地別に集計しているのは

経理の人が見やすいため。

 

交通費チェックの際に

データと領収証などを照合しやすくなると思う。

以上大体決まったので作り始めることにする。

 

 

vba勤務表作成講座

とりあえず

vbaで勤務表(勤怠管理アンド工数管理表)を作成

していく過程を

HPにアップしていこうと思う。

 

 

途中何度か仕様変更したりするかもしれないが

自分の会社の勤務表作りに行かせるかなと思うのでそのまま仮定を乗っけていくつもり。

 

長所新車から取り組むのでどこか間違えやすいか、

どんな風に勉強していけばいいか、呼んでいる人も分かりやすいように書いていこうと思う。

 

現時点で決めている仕様は以下のような機能です。

 

カレンダーとかもバリバリ活用してわかりやすくてパーフェクトな勤務表を作れたらいいなあと思ってます。

 

入力画面A

 

?シートB

 

入力画面Aで作成されるシートBの内容はこんな感じ。

 

追加で便利な昨日はどんどん練習も兼ねて盛り込もうと思います。